ドクターケシミー 美白

ドクターケシミーは、臨床試験によりシミへの効果が認められた化粧品です。

楽天ランキング5冠達成と人気の商品です。

そんなドクターケシミーは、どんな美白ケア」をしてくれるのでしょうか?

そこで、美白ケアに大切なことから有効成分の働きまで詳しく調べてみました。

まずは、美白ケアをするために大切なことからまとめてみました。

この記事でわかること

  • 美白ケアの原因と対策
  • 有効成分の働きと効果
  • 美白ケアするための3つのポイント

美白ケア(シミ・くすみ)

ドクターケシミー 美白

紫外線によってメラニン色素が生成されてシミができてしまいます。

紫外線対策をして、お肌にダメージを与えないことが大切。

すでにできてしまったシミに対しては、メラニン色素の排出を促してケアすることが大事です。

また、肌が厚くなってしまうと透明感がなくなりくすみなどの原因になってしまいます。

基本は紫外線予防・ターンオーバーを促す・保湿が重要になってきます。

シミやくすみを作らないためには?

  • メラニン色素の生成をおさえる
  • ターンオーバーを促す
  • バリア機能を高める

美白ケアでの化粧品の働きは、メラニン色素の生成をおさえてシミやそばかすを防ぐこと。

できてしまったメラニン色素を排出するためにターンオーバーを促すと美白に効果が期待できます。

また、コラーゲンやエラスチンが増えるとお肌のバリア機能を高めてダメージを受けにくい肌にすることができます。

ドクターケシミーの美白成分働きで美白ケア

ドクターケシミーには、美白ケアをする3つの有効成分が配合されています。

  1. 「プラセンタ」 
  2. 「グリチルリチン酸ジカリウム」
  3. 「12種の植物エキス」 

それぞれの成分の働きを見てみましょう。

❶プラセンタ

プラセンタとは哺乳動物の胎盤のことで、赤ちゃんの生命を維持して成長を助ける働きをします。

そのプラセンタエキスには「美肌作用」もありメラニンの生成をおさえてくれる働きがあります。

プラセンタに含まれている、アミノ酸や成長因子は肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進させる効果があります。

ターンオーバーとは、古い肌が角質として剥がれ落ち、新たに肌が生まれ変わることを言います。

「抗酸化作用」もあり肌の弾力を保ってくれて、シミの発生をおさえてくれると言われています。

❷グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸2kとも言われて、抗アレルギー、抗炎症作用があると言われています。

肌荒れやニキビケアの効果があり、即効性はないが継続的に使用しても副作用もほとんどないです。

医薬品を始め幅広く使われている成分です。

炎症による色素沈着のシミを予防する働きや、赤ニキビのように炎症を伴うニキビの症状緩和に一定の効果を持っています。

炎症による黒ずみ、色素沈着を未然に防ぎ美白効果に期待がもてる成分です。

❸12種の植物エキス

お肌トラブルを起こさないためにも「保湿」は大切です。

乾燥した肌は、バリア機能が低下したりシワができやすくなってしまいます。

お肌の水分保持をしてハリとツヤを保ちバリア機能を高めてくれます。

ドクターケシミーの3つの美白成分の働き

ドクターケシミー 美白

  1. 「プラセンタ」 ➡メラニンの生成をおさえてシミ・そばかすを防ぐ
  2. 「グリチルリチン酸ジカリウム」 ➡炎症を抑えて色素沈着を未然に防ぐ
  3. 「12種の植物エキス」 ➡保湿・バリア機能アップ

まとめ

ドクターケシミー 美白

美白ケアの原因から対策まで調べてきました。

美白ケアをして、キレイな肌になるためには「シミ・くすみ」対策が必要です。

美白するためには

  • メラニン色素の生成をおさえる
  • ターンオーバーを促す
  • バリア機能を高める

が大切です、ドクターケシミーの美白成分の働きは

美白成分の働きまとめ
ドクターケシミー 美白
  1. 「プラセンタ」 ➡ターンオーバーを促す・メラニンの生成をおさえてシミそばかすを防ぐ
  2. 「グリチルリチン酸ジカリウム」 ➡炎症を抑えて色素沈着を未然に防ぐ
  3. 「12種の植物エキス」 ➡保湿・バリア機能アップ

大切なのは、良い成分で毎日のケアを継続することです。

これらの有効成分の力でしっかり美白ケアできそうですね!

ドクターケシミーの口コミとレビュー
ドクターケシミーで美白ケアする